正確なシロアリ駆除費用相場を知るためにはサービス内容を把握

羽アリの撃退に効果あり~飛翔害虫駆除システム~

羽アリの発生時期

羽アリには、種類によって発生しやすい時期というものがあります。ヤマトシロアリの場合は4~5月の昼間、イエシロアリの場合は6~7月の夜間が最も発生しやすいです。特にお風呂場やキッチンなどの水回りは注意が必要です。

飛来するシロアリを防ぐサービス

駆除業者では、店舗の周りを飛来するシロアリを防ぐために様々なサービスが行なわれています。主なサービス内容が、ガラス面防虫や蛍光灯防虫カバーなどです。ガラス面防虫サービスはガラスの表面にコーティング剤を塗ることで、その周辺に集まる虫を遠ざけてくれる効果があるのでコンビニや自販機などに施工されることが多いです。また、蛍光灯防虫カバーサービスは、蛍光灯の周りに群がる虫を寄せ付けないようにしてくれる効果があります。駆除業者では、定期管理サービスも行なっていますので店舗を綺麗に保つためにもぜひ利用してみるといいでしょう。

簡単な羽アリ駆除

管理型サービスは、補虫器を使って羽アリの捕獲をします。捕虫器の点検や交換などはシロアリ駆除業者が行なってくれるので、まずはサービスの流れを把握していきましょう。

羽アリの捕獲

まずは捕虫器を使って羽アリを捕まえます。捕虫器には、羽アリを寄せ付けるための誘虫ランプが設置されており、その光に誘われた羽アリを補虫紙で捕獲するという仕組みになります。

業者による交換

誘虫ランプの効果が弱まってくると、シロアリ駆除業者が半年に1回交換に来てくれます。また、補虫紙のほうも4週間に1回交換してくれるサービスを行なっているので持続して使い続けることができます。

状況確認

補虫紙についた虫などは、業者に確認してもらうといいでしょう。捕獲した虫や店内の状況から、今後の対策などをアドバイスしてくれます。

羽アリの飛来防止~現状確認は大事~

作業員

シロアリ駆除業者では、虫の捕獲や防虫対策の他にも様々なオプションサービスを設けています。どのくらいの虫を捕獲したのか具体的な数を算出してくれる「カウントサービス」や、顕微鏡で虫の種類や数を調べて報告してくれる「モニタリングサービス」などが主なオプション内容となっています。これらのオプションサービスは、捕獲や駆除とは別途料金が発生しますので、詳しくは業者に問い合わせてみるといいでしょう。

TOPボタン